不妊治療

プエラリアミリフィカと不妊治療

プエラリアミリフィカは、女性ホルモンと似た作用を有するゲネスティンやダイゼインなどを含んでいる植物です。
これらは植物エストロゲンとして、女性の体を健康にしてくれるほか、近年では不妊治療にも良い影響を与えてくれるものとして注目されています。

プエラリアミリフィカには、ゲネスティンやダイゼインの他にも「ミロエステロール」「デオキシミロエステロール」など、多くの植物の中でもプエラリアミリフィカにしか含まれていない成分を有しています。
継続的にこれらを摂取することで、女性ホルモン置換作用のほか、それにともなうエストロゲン活性作用によって不妊治療にも効果があると考えられています。

不妊治療といえば、産婦人科で行われる投薬療法が思い浮かびます。
もちろん、完全に自己流で不妊治療を行ってもあまり効果はなく、本格的な施術となると投薬療法などが主流になります。
不妊にお悩みの方はホルモンバランスを整える必要もあり、プエラリアミリフィカを大量に摂取したり、医師の診断を仰がずにサプリメントを先に摂取されることはおすすめできません。

植物なのだからいくら口にしても問題はなさそうに思えますが、プエラリアミリフィカは女性ホルモンに強い影響を与えると言われています。
そのため、不妊治療だけを目的に摂取すると思わぬ副作用が起きるリスクもあります。
すでに不妊治療にお薬を使用している方の場合、ホルモンの分泌量を薬で調整している状態でプエラリアミリフィカを摂取するとエストロゲン過多となりやすく、不正出血や月経不順などのトラブルも考えられます。
そうした問題を防ぐためにも、まずは病院で適切な診断を受けてからサプリメントを摂取するようにしましょう。

プエラリアミリフィカは美容に良い成分を豊富に含みますが、女性ホルモンに似たはたらきをするため、現在不妊治療をされている方は念の為医師の診断を受けてからの摂取を心がけましょう。
10代や20代の方はホルモンバランスが乱れやすいですから、不妊治療の一環としてプエラリアミリフィカを使う場合は特に注意が必要です。

Copyright(C) 2013 女性には特に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.